桜への道中にて

先日福岡に出張に行ってきた。

 

ついでに久しぶりに福岡の大学に通うフランス人の友人にあってきた。桜も咲いていたことだし見に行くかと山を歩いていた時に、バドミントン部に所属する彼女から思わぬ質問を受けた。

 

「試合の後に必ずコートに向かって頭を下げないといけないの。誰もいないのに一体なんでそんなことしないといけないの?」

 

なるほど。ある種の驚きと「まあそんなものか」とが同時によぎった。

 

彼女がフランス人でまだティーネイジャーであることを考えたらさほど驚くことでもないごく自然なことだろう、と。あまり抽象的に言っても確実に理解されないし、いくら平たく言っても「体でわかる」ことはないだろう。

 

ただここで改めて考えてその質問に平たく答えるとしたら、それは「感謝だよ」の一言で済ませられるかもしれないと思って、実際彼女にもそう伝えた。やはり首をかしげていた。

 

でもそれは「このコートがなければ試合ができませんでした、ありがとう」ではない。試合するには他にもいろいろ必要なものがあるし、なにより相手がいないと試合は成立しない(だから試合前後に相手に一礼する)。そういう一様「意味」が伴うものは「本当の意味の感謝」ではないと僕は考える。

 

言葉にうまくはできないが、そこにある「何か」もしくは「すべて」に頭を下げる。それをただやる。数秒の話じゃなか、損はしない。合理的に考えればそんなものは軽く飛んでいってしまう。言葉で「こういうこと」を説明するのは野暮なことだ。

 

多分こういうことって、その国の無意識の中にある習慣だと思うし、日本人はいい意味でいうとそういう「型」を押し付けられて成熟した末にその意味をそれぞれ見出す。そしてもう一つは「その人がどれだけ苦労したか」も大きく関わっている気がする。

 

苦労しないと全能感(私は神、的な)を持つだろうし、それが若いの定義とも言える。だから当たり前に与えられているものが、まさに「有り難い」なんて夢にも思わない。そしてそれをいくら大人が意味の説明をしたところでほとんど理解不能だろう。残念なことに。

 

だからそういう意味では、わからない人には「ヤバい」状態に貶めるのが極論一番早いだろう。身の回りの便利なもの、更にはもっと当たり前だと思ってる身体の健康、そういうのを彼らから奪う。どのようにかは知らない。まあ繰り返し言ってこれは極論だが。

 

彼女以外のチームメイトがそれをわかって頭を下げているのかは分からない。少なくとも無意識で疑問を持たずにやっているんじゃないかな。こういう日本の無意識の習慣は素晴らしいと思うけど、まあ、他を見渡してみると良くない例もあると思うが。

 

ともかくもし彼女が「じゃどうやればそれを理解できるの?」と聞いてきたら。

 

「とにかくやりな」と「苦労してみれば」といったところか。

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s