聞き取れない

昨日のレッスンで塾生さんより「聞き取りが出来なくて悩んでいる」ということで相談がありました。その時のアドバイス内容を記しておきます。

 

聞き取りが出来ない。なるほど。そういう場合はたいていご本人のリスニング能力が十分でないという理由で悩まれているけれど、それが全てではないということをお伝えしました。

 

まず英語に限りませんが、学びにおいて伸びないと悩んだときに決まって「自分の能力」に問題を見出すという傾向があります。英語であれば「私の英語レベルが低い」からこれこれの問題が生じる、と。無論それもあります。しかし実際はもしかすると英語とは関係のないもっと根本的なものかもしれません。

 

聞き取りが出来ないと仰る方はどこのだれと話した時にそう感じられたのかは定かではないのですが、その場合聞き取れない英語を話しているのは誰か、ということが今日の論点です。

 

日本人と同じように第二言語として英語を学んだ方なのか、それともネイティブスピーカーなのか。実際この前者も後者もどちらでもいいんです。大事なのは、話している相手がきちんとした大人かどうかです。

 

大人というのは親切な人ですから、その人がどんな境遇か関係なくあなたに向かって親切に語りかけてくれるはずです。僕はフランスに住んでいたのでフランス語を話せるんですかとよく訊かれますが、「親切なフランス人であれば会話できます」と答えます。

 

僕はフランス語下手っぴですから。リヨンからパリに移り住んだ時なんて街中で話したほとんどの人が何言ってるか分かりませんでした。不機嫌だし早口だし政治の話ばっかりだし・・・(泣)。でもすごく優しいパリの友人の話すフランス語は不思議とほぼ全部わかっちゃうんです、ほんとうに。

 

京都のまちを歩いていて旅行者に声をかけられて何を言ってるかわからなかった。だからとても悔しい思いをした、というお話は今までに50回くらいは聞きました。生徒さんの英語のレベルからして、ゆっくり丁寧に話せば理解できるんです。相手がどんな人だったかによりますが、分かってもらえない言葉を発した責任は言葉を発した本人にあります。ましてや道を尋ねるために自分から声をかけてるわけですから。これを「責任転嫁だ」で一蹴する人もいるでしょう。仰るとおり、いつでも「お前の英語が悪い」なんて言っていては成長もなにもありません。要はバランスです。

 

僕が中高生徒に向き合うときの姿勢と基本的には同じです。彼らが理解できないということは、まだ学生の彼らに分からない説明をした僕の責任です。ものは言い換えることができますし、抽象から具体、具体から抽象という風にして時間をかけて説明することも出来ます。

 

「解らないやつの頭が悪い」なんていうのは通りませんよ。相手の肩を揺さぶってまでも解ってもらえるようすることを「情理を尽くして語る」と言って、その根底には敬意があります。解らない相手になんとか解ってもらうのがコミュニケーションです。だから「コミュニケーションがとれる」ということと「英語が使える」ということは本質的には関係ないんですそんないい人ばかりじゃないと仰るかもしれませんが、そんなことも出来ない相手であれば放っておいていい、というのが僕の意見です。

 

「そんなこと」とは、自分が発した言葉を受け取った相手がどんな反応をするか、その細微な反応を感じ取ってただちに分かり易い単語を使って言い換えたり、スピードを緩めたり工夫するその礼儀(=コミュニケーション)です。その前提を持ち合わせていない相手の発言が理解できないということでもし悩まれているのであれば、それはお気になさらないほうがいい。だからYoutube動画や映画の英語が理解できない場合も理路は同じかもしれません。だってその人たちは別にあなたに気を使って話しているわけじゃないんですから。

 

自己点検心はいいにせよ、自己猜疑心を持ってもいいことは一つもありません。相手がすごく気を利かせてゆっくり分かり易く話してくれているのにも関わらず理解できないこともありますから(笑) そういう時は「そうか、これだけ気を利かせてくれた人の英語も理解できないレベルか」とクールに受け止めて(あくまでも自己嫌悪に陥らずに)、あとはまたコツコツ練習していけばいいんです。その「コツコツ」の方法が訊きたいねん、という方は長くなりますのでまた塾で。

 

できないわ~、と思い悩んで人間が伸びるという論に僕は与しません。「その悔しさをバネにして・・・」というのもあるけれども賢いやり方だとは思いません。人間が何かにおいて真に開花するのは「ルンルン」な時です。楽しいな~、楽しいからもう別に英語のレベルなんてどうでもいいわ~、となっている時こそ英語のレベルは着実に上がっているんです。

 

ほんとうですよ。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中