ひとつ屋根の下で

みなさん、夜分遅くに、こんばんは。

 

塾を再開して一週間が経ちました。ZOOMは文明の利器ですが、やはり現場でのレッスンはいいな〜、とつくづくと感じます。今日も3時間のレッスンでフリートーク。最終的に、なぜか「ridiculous」な話題で盛り上がり、世のバカバカしいと思うことについて英会話しました。

 

音読の成果か否か(おそらくフリートークの成果かな)、塾生の英語で話す抵抗感は次第に薄れているように感じます。自粛中、塾生とのZOOMレッスンで音読・フリートークをやっていてひしひしと感じたことは、「話してなんぼ」だということ、ですかね。

 

いくら理屈をコネ繰り返しても論より証拠です。毎回嫌がられますが、僕は冒頭にしつこく「What did you do this morning?」と訊ねることに決めました。実は発問を考えるのがめんどうくさいので(笑)同じことしかしてないので返答に困ると仰りますが、同じでいいんです。口が動いて英語を話している時点でOKです。

 

ただそこを起点に「脱線」しまくって下さい(僕を見習って:P)。関係のない、訊かれてもいない話を毛細血管のごとく次から次へと並べて下さい。そうやって舌が回り始めると、ひとりでに自分の語りたいことがじわじわと滲み出てきて、やがて溢れてきます。僕も他の塾生もそれにしっかりと耳を傾けております。人が懸命に話そうとしてる姿って見入ってしまうものですよ。ほんとに。

 

一つの明かりの下に集って時間をかけて各々語る。中々普段あんなに落ち着いて話をしたり聞いたりすることってありませんね。英会話ってつまるところ会話ですから。会話自体が磨かれていれば日本語だっていいわけです、極論は。「能力」なんて大それたものじゃなくてですね、なんというか、「慣れ」だと思います。やり慣れていることはすんなりできる。それだけのことです。そういう時に不意にポンッと出てきた新しい単語は簡単に忘れなかったりします。

 

関係ないですけど、たしか昔「駅前留学」と銘打ってやっていた英会話教室がありましたが(今もあるのかな?)、まさに本塾のことではありませんか。竹田駅前ですし。扉を開けた先の小さな空間には思う存分英語で過ごせるスペースがあって、仲間もいる。勝手に使えるキッチンがあったりソファも机もある。んー駅前留学、パクっちゃおうかな。

 

ではまた!

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中