目標について

前回に引き続き、「できない」の裏に隠れた英会話上達(何事においても同じですが)を阻害している要因について考えていきたいと思います。今回は「目標」について。

僕自身があまりしない事ですが、多くの人が何かを学んで上達させたいと思ったときはまずはこの「目標」を立てているようです。時と場合と人によるので一概には言えませんが、目標があるがゆえに苦しんでいる人をたくさん見てきたのでここに考えをまとめておきます。

目標を持つということには様々な側面がありますが、その一面に「理想的自我」があります。英語が話せるようになったらいいな、と思った途端に「英語が話せるようになった自分」が未来を先取して常に付きまということになります。何をもって「英語が話せる」のかという定義の問題も出てきますが、これはとりあえず置いておきます。理想的自我を常に傍らに置いていると、人によっては現実に戻るたびに「嫌な気持ち」になるわけです。

「こんなはずじゃない」

「あまりにも理想的な私が遠すぎる」

「こんな」自分ではない「理想的な」自分を設定したのが自分自身にも関わらずその呪縛に喰われてしまうわけです。

そういう人の一番分かり易い症状がやはり「私はできない」です。毎回訊きたいのですが「一体何と比べてできないのか?」それが僕の疑問です。つまり生徒が比べているのは周りの生徒はもちろん、なにより自分で創り上げた理想的自我です。一方、外部評価の根拠は(すくなくとも僕は)「比較」ではなく「感覚」に基づきます。それは資格・検定のように数値化された評価とは無縁です。「あ、この人絶対できるな」という直観です。直観なんぞ信用できるか、そう仰る方は本当の師をお持ちではない。「師弟」に関しては説明しだすと収拾がつきませんのでまた後に。

比較することが不幸であると分かっていても陥ってしまうのが人の性かもしれません。だから僕はいつも生徒に「目標は持っちゃだめですよ」と乱暴に言うことにしています。その方が無難だからです。それから、小さい目標をこまめにたくさん立てて、一つずつクリアしていけばいい、というメソッドも聞いたことがありますが、黙々と目標を管理することに費やす時間があったら一言でも口を動かして話してはいかがか、そう思います。

例えるなら、上意下達型の会社の上役が集まって会議ばかりしている状態がそうです。実質的に会社が世界を変化させるのは、末端の社員が「行動」を起こした場合のみです。人体で例えれば、脳みその中でいくら計算しても筋肉の動きがない限り世界はちっとも変わりません。パソコンで例えれば、いくらソフトウェアがあろうがハードウェアがなければ(若しくはそれを動かす人間がいなければ)意味がありません。

昨日と一昨日に塾で話題になった話ですが、つまるところ「いま、ここ、わたし」です。人が本気で「いま、ここ、わたし」に集中すると、過去と未来が消え去って、世界は眼前から受ける感覚のみになります。僕個人的には絵を描く時や生徒と話す時にその状態になりますが、それは非常に気持ちのいいことですよ。そういう状態を専門用語では「フロー状態」や「ゾーン」と言ったりします。それを本気でやっている人たちが修行僧です。

ちなみに僕が塾の内装にこだわる本質はそこです。特に照明はその場の空気を作る大きな要素です。だから、(塾生にしかわからないことですが)教室スペースの照明はペンダントライトを適切な高さで天井から垂らして、僕と塾生の目の前だけが照らされている状態になっているのです。それ以外の感覚的刺激を可能な限り遮断する為です。会話のみに集中する。上部にスポットライトが二つありますが、レッスン中は消してあります。塾全体の照明がギラギラしていないのも「いま、ここ、わたし」になってもらえるための工夫です。ということをわざわざ説明することは野暮というものですが。

上記を踏まえてなお目標を活用するのであれば、大いに結構かと思います。

言葉は普通の人が考えるより遥かに強力な引力を持っています。ましてや現代は言葉の力が歴史的にも跳ねあがった時代だと言えます。子供が「死ね」と言われてほんとに死ぬ時代ですから。言葉の本質(ただの空気の振動に過ぎないこと)に気付いていればそんなこと起こり得ません。言葉は呪いにもなりますが、裏を返せば祝福にもなります。別にバカポジティブな言葉を使えということではありません。目標を立てても自分を呪うのは止めて下さい、というところでひとまず結論にしたいと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中